【使ってみた】WordPressの無料テーマと有料テーマのおすすめ2つ【迷うならコレ】

アフィリエイトを始めようとしてWordPressのセットアップは完了!

さて、記事を書こうとしても、WordPressのテーマって何にするか迷いませんか?

初心者アフィリエーターさん

アフィリエイトに向いているテーマってあるの?

アフィリエイトに向いているテーマはありますよ。

私が実際に使ったことのあるテーマから2つを紹介しますよ。

おすすめ無料テーマ: Cocoon

まずは無料のテーマから紹介します。

無料だから初期投資が掛からず、まずは勉強がてらテーマの機能を知るのにも無料テーマから使ってみるのが良いですよ。

私がWordPressを初めて導入して最初に使ったテーマがCocoonでした。

Google AdSenseの審査で合格したときもCocoonを使っていました。

 

その後、数サイトを別の無料テーマで構築してみましたが、機能・デザイン・使いやすさのバランスから、Cocoonが一番のおすすめです。

Cocoonがおすすめな理由

何といっても、Cocoonは無料なのにも関わらず高機能なんです。

Cocoonの設定タブはこんなにたくさんあります↓

Cocoonの設定タブ

あと、その高機能が故に使いこなせるのか・・なんていう心配も不要。

作者は「わいひら」さんという方で、Cocoonのサイトで機能の詳細な説明がされているし、問い合わせにも応じていただけます。

参考 Cocoonのホームページを見るCocoon公式サイト

Cocoonのおすすめアフィリエイト機能

Google AdSenseの設定が思いのままに

Google Adsenseの広告表示位置や自動広告の設定ができます。

少々分かり難いAdSenseの設定ですが、Cocoonではこれが画面でサクッとできるので初心者でも直感的に分かるんですよね。

アドセンスの特徴は、商品を売る意識をせずに記事を書けることですから、設定に手間を取らず、より記事の執筆に専念できます。

Cocoonの広告設定

広告のショートコードの設定も画面から簡単に!

広告のショートコードの設定

スキンの種類が豊富

アフィリエイトってページの見た目(色合いや見易さ)も重要なポイントですよね。

Cocoonにはページレイアウトや見出し種類や色合いの組み合わせがセットされたスキンが多数用意されています。

2020.5.4時点で、その数なんと72種類。

これ、選ぶのも楽しいですが、つい時間が経ってしまうんですよね(^^;

是非自分のサイトの目的や内容に合わせて、選んでみて欲しいです。

Cocoonの豊富なスキンの数

吹き出し設定と使用が簡単

アフィリエイト記事でも重宝する「吹き出し機能」ですが、これがCocoonでは簡単に定義ができて、記事の中でも簡単に使うことができます。

吹き出しの定義は画面上で、吹き出しの画像やスタイル(考え事やLINE風など)が設定できます。

Cocoonの吹き出し

上記で定義しておけば、記事作成時はビジュアルエディタから簡単に呼び出すことができます。

Cocoonの吹き出し例

吹き出しの定義はCSSとショートコードのプラグイン「AddQuicktag」でもできますが、Cocoonは標準で視覚的にも分かりやすく使えるのでめちゃめちゃ便利ですよ。

おすすめ有料テーマ: SANGO

続いて、有料テーマのSANGOです。

私が有料テーマのSANGOを使い始めたきっかけは、ペライチのサイトを作り始めたことでした。

ペラサイトはこれまでに3サイト作りましたが、全てこのSANGOを使用しました。

また、このサイトもSANGOを使っていますよ。

SANGOがおすすめな理由

私がSANGOを選んだ理由とおすすめな理由は、デザイン性の高さです。

 

ペラサイトではスキンケア商品関係を扱い、女性向けのページだったんですね。

サイトの雰囲気としては女性向けを意識して、かわいらしさや柔らかさを出したくてテーマを選びました。

 

3つのペラサイトのうち、2サイトは暖色系で構成しましたが、1つのサイトはほモノクロにしてみました。

それでもシャープさより柔らかい感じに仕上げることができましたよ。

 

同じく、女性をターゲットにしたページや穏やかな雰囲気を求めるなら、SANGOをおすすめします。

参考 SANGOのホームページを見るSANGO公式サイト

 

有料テーマの中でのSANGOのメリット
  • 価格が安い: 11,000円(税込み)
  • 複数サイトで使用できる

SANGOのおすすめアフィリエイト機能

超豊富な装飾

SANGOにはあらかじめ準備された装飾(見出しやボックス)が多数あります。

  • 見出し:約40種類
  • ボタン:約40種類
  • ボックス:約30種類
  • 箇条書き:約20種類

もうね、これ表現に気を付けなきゃいけないんですが、多すぎて困るぐらいなんですよ(嬉しい悲鳴)。

アフィリエイトでは記事内容ももちろんですが、視覚的な訴求力も必要だと思うんですよ。

装飾がなく味気なかったり、デザインに統一性がなかったりするよりも、綺麗に(適度に)装飾され読みやすいページの方が、読み手にも内容が伝わりやすいし安心感も出てきませんか?

サイト内記事の探しやすさ(ウィジェット機能が親切)

私はまだ使いこなしまではできていませんが、SANGOはサイトのトップページに表示できる関連記事や新着記事の表現力が高いです。

SANGOはマテリアルデザインで構成されていて、初心者が特別に意識しなくてもトップページは見やすい・使いやすいと思います。

更に、その表現方法を設定できます。

  • トップページでタブによって新着記事と関連記事を切替
  • 関連記事のデザインが3種類以上(自動スクロール有無など)
  • トップページのヘッダ画像上へのテキストやボタン配置

まとめ

この記事では私が実際に使っているWordPressの無料テーマと有料テーマを紹介しました。

  • 無料テーマ: Cocoon
  • 有料テーマ: SANGO

両テーマとも、それぞれが特徴があり、単純に無料か有料かでの優劣はありませんでした。

ご自分のサイトの目的や内容にマッチしたものや、作業効率などを考えてテーマを選んでみてくださいね。

もし迷うようでしたら、初心者なら、まずは無料テーマのCocoonからチャレンジしてみては?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA